« 2007年12月 | トップページ | 2008年5月 »

さすがに、遅いでしょ・・・

注文しているレオタードが届きません。
すでに4週間が過ぎているでしょうか。
 
ドイツに来て対応の遅さ、店員の横柄さには慣れたと思っていたのですが、さすがに4週間は長く感じます。 もうすぐ送りますから、というのですが、もうすぐっていつさ!poutと、そろそろ思い始めました。
 
今週中に来る・・でしょうか・・・down

| | コメント (0)

ビクトリア

ハンブルグに行ってきました。 人生で2度目のハンブルグですが、前回も今回もお仕事だったため、観光もできず、駅とバレエスタジオの往復で終わりました。 残念。。weep

 
水辺というのは、なんとなく気持ちがいいものですね。 どこまで行っても川も海も湖見えないところっていうのは、なんだか窮屈です。 少しでも水辺があるだけで、そこに広がりが感じられる気がします。 ハンブルグ、とってもいい所でした。note

Hamburg_001_2
 
今回の素敵な出会いは、バレエのワガノワメソッド教育者のVictoria Zaripovです。 とにかく素敵でした。 「バレエの先生」と書かなかったのにはわけがあり、本来バレエの先生というのは資格を持っていなければならないものです。 学校の先生が教員資格を持っているように、バレエの先生にも同じことが言えます。 知り合いの子に勉強を教えてあげるだけならば、資格など必要ないけれど、学校の先生になるには資格が要る、それと同じです。 
 
今回は彼女に会いたくての旅でした。 彼女とお話できたことは、大きな刺激となりました。
教育法にもいろいろあるのですが、彼女はワガノワ法。 いわゆるロシア流です。
伝統があるということはすばらしいことだなと思いました。
知っているということと、人にわかるように説明できるというのはまったく別なんだなと、わかってはいたのですが、つくづく感じました。 目から鱗でした。
「段階を追って、わかりやすく説明する」、なんて難しいことなんでしょう・・! 
 
一つ引っかかったのは、彼女の使う「unbegabte kinder(才能のない子供)」という言葉でした。 有名なバレエ学校というのは、それは厳しい入学試験をして、体型も容姿も、才能にいたるまで完璧な子供たちを選びます。 バレエがすきでも、骨格がバレエに向かないだけで入学できません。 「もともと頭のいい子を教える」というのと同じで、教えるのに苦労しないすべてがそろった子を選ぶわけです。 
 
普通の習い事としてのバレエ教室はまたべつです。 いろいろな子が来るわけです。 純粋に楽しむために来る子達です。 なかには、バレエをするのにはむずかしい足の形をしている子もいます、もともと背骨が曲がっている子もいます。 そういう子たちも、上手になる可能性はいっぱいあります。 それを彼女は、「そういう”才能のない子供たち”を教えなければならない先生の苦労は・・・」というふうに始まり、「才能のない子供にはこういうふうに説明し・・」と続く、これにはかなり違和感を感じました。
 
少し意見の違いはありましたが、彼女の持っている知識はすばらしいものでした。
素敵な人との出会いは、新しい自分との出会いでもあるなあと感じました!happy01

| | コメント (1)

作曲家 山本成宏先生

また一つ素敵な出会いがありました。
作曲家でもあり、指揮者でありと、多才である山本成宏先生にお会いする機会がありました。
お仕事の打ち合わせでウィーンに来られ、お忙しい中、時間を取ってベルリンに立ち寄ってくださいました。 実は、私に会うことがメインだったわけでもなんでもなく、ある方が引き合わせてくださったのですが、素敵な出会いというのはこういうことなんだなあ・・としみじみ思いました。私も仕事があったため、1時間しかお話できませんでしたが、興味深いお話をたくさん聞くことができました。 そして、共感できる所も多く、大変勉強になりました。

物や人を目の前にすると、そこから音があふれ出てくるそうです。 そして、その音をすぐに楽譜に落とすそうです。 そうして作品ができてくるというようなお話を聞き、私のお仕事ともなんだか似ているなあと感じました。 私も、視覚や嗅覚、そういう働きを通して動きがわいてきて、振り付けが出来上がっていきます。 そして、忘れないうちに、自分しか解読できないような絵でメモを取っておきます。 

ところで、私から出されるパワーは、先生の中に「雪女」のイメージをわかせたようです。
和楽器を使った妖艶な雪女の音が、先生の頭の中には、すでにあるようです。
その音を、私たちはまだ耳にすることはできませんが。

一方、「雪女ですね・・」と、ボソッといわれたときから、私の頭の中には「雪女」の舞台照明から衣装まで、いろいろな動きが浮かんでいるのですが、その映像は、先生はまだ見ることができません。bleah

私がその「雪女」を躍る日は来るのでしょうか?confident

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年5月 »