« 作曲家 山本成宏先生 | トップページ | さすがに、遅いでしょ・・・ »

ビクトリア

ハンブルグに行ってきました。 人生で2度目のハンブルグですが、前回も今回もお仕事だったため、観光もできず、駅とバレエスタジオの往復で終わりました。 残念。。weep

 
水辺というのは、なんとなく気持ちがいいものですね。 どこまで行っても川も海も湖見えないところっていうのは、なんだか窮屈です。 少しでも水辺があるだけで、そこに広がりが感じられる気がします。 ハンブルグ、とってもいい所でした。note

Hamburg_001_2
 
今回の素敵な出会いは、バレエのワガノワメソッド教育者のVictoria Zaripovです。 とにかく素敵でした。 「バレエの先生」と書かなかったのにはわけがあり、本来バレエの先生というのは資格を持っていなければならないものです。 学校の先生が教員資格を持っているように、バレエの先生にも同じことが言えます。 知り合いの子に勉強を教えてあげるだけならば、資格など必要ないけれど、学校の先生になるには資格が要る、それと同じです。 
 
今回は彼女に会いたくての旅でした。 彼女とお話できたことは、大きな刺激となりました。
教育法にもいろいろあるのですが、彼女はワガノワ法。 いわゆるロシア流です。
伝統があるということはすばらしいことだなと思いました。
知っているということと、人にわかるように説明できるというのはまったく別なんだなと、わかってはいたのですが、つくづく感じました。 目から鱗でした。
「段階を追って、わかりやすく説明する」、なんて難しいことなんでしょう・・! 
 
一つ引っかかったのは、彼女の使う「unbegabte kinder(才能のない子供)」という言葉でした。 有名なバレエ学校というのは、それは厳しい入学試験をして、体型も容姿も、才能にいたるまで完璧な子供たちを選びます。 バレエがすきでも、骨格がバレエに向かないだけで入学できません。 「もともと頭のいい子を教える」というのと同じで、教えるのに苦労しないすべてがそろった子を選ぶわけです。 
 
普通の習い事としてのバレエ教室はまたべつです。 いろいろな子が来るわけです。 純粋に楽しむために来る子達です。 なかには、バレエをするのにはむずかしい足の形をしている子もいます、もともと背骨が曲がっている子もいます。 そういう子たちも、上手になる可能性はいっぱいあります。 それを彼女は、「そういう”才能のない子供たち”を教えなければならない先生の苦労は・・・」というふうに始まり、「才能のない子供にはこういうふうに説明し・・」と続く、これにはかなり違和感を感じました。
 
少し意見の違いはありましたが、彼女の持っている知識はすばらしいものでした。
素敵な人との出会いは、新しい自分との出会いでもあるなあと感じました!happy01

|

« 作曲家 山本成宏先生 | トップページ | さすがに、遅いでしょ・・・ »

コメント

mihanaさ~ん♪ お忙しそうですね~。仲のいい友人のお嬢さんがバレリーナを目指して1週間に7日間、バレエ漬けの毎日を送っているのです。すごーーく有名なバレエ団にいたのですが、考え方の相違から先生と衝突し、泣く泣くバレエ団を変わったという話を聞きました。お嬢さん、気の毒にまだ13歳なのに拒食症っぽくなるまでダメージを受けてしまったんだそうです…weepキレた先生が思わず口にしてしまったのが、Du bist unbegabt に近い言葉だったような…。教師として絶対に口にしてはいけない一言ですよね。バレエの世界はよく分からないのですが、今日のmihanaさんの日記を読んでこの話を思い出してしまいました…もちろん、mihanaさんがお会いになった先生は、生徒の前ではおっしゃらないのだと思いますがcoldsweats01

***************************************
ありちゅんさん

昔、私もバレエの先生によく怒られました。 「先生大っキライ!!」って思う一方、「怒られなくなったら、あきらめられたのと同じだ・・」とも感じていて、へこんでもへこんでも、しがみついていたのを覚えています。 子供ながらに、それが愛情だということを感じていたのだと思います。 


投稿: ありちゅん⇔mihana | 2008年5月 3日 (土) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作曲家 山本成宏先生 | トップページ | さすがに、遅いでしょ・・・ »