ひざ、伸びていますか?

体がきれいに見えるかどうかはシルエットだと思います。 “骨格”は変えることはできませんが、“筋肉のつき方”を変えれば、シルエットは変わるんです♪

自分の足、人からは一体どのように見えているんでしょう。

仰向けに寝転んで、両足を45度以上、できる人は90度まで上げてみてください。 思った以上に膝が曲がっていると思いませんか? 何気なく上げた足の形は、何気なく歩いているときのあなたの足の形です。 

今度は、足を前に伸ばして座ってください。 すでに膝が曲がっているでしょう?!

そのまま足首だけを90度にまげてみます。 膝がきっちり伸びている人は、かかとが床から少し浮きます。 たいていの人は、かかとが着き、膝と床の間に隙間があるはずです。

「足を上げるだけですでにキツイ・・!」、あるいは、「足首を曲げるだけで膝の裏がピッキピキする・・!」という人は、体が硬いだけではなく、腹筋も背筋も弱っていますよ。

体が硬いということは“血液循環”が悪いので、肩こり、むくみの原因になります。

ストレッチ

1 右足は伸ばし、左足は“く”の字曲げた状態で座り、右足の膝とつま先をできる限り伸ばして上体を前に倒す。

2 今度は、そのまま右足の足首をまげて、膝の裏が伸びているのを感じながら、もう一度上体を前に倒す。

3 足を代えて、左も同じようにする。

4 最後は両足を伸ばして、同じことをしてみましょう。

(→ 終わったら、伸びをするなどして背中も引っ張って、伸ばしておいてくださいね)

| | コメント (3) | トラックバック (0)