10月の舞台

9月に新学期を迎えるとともに、バレエクラスにも、新一年生たちが増えました。
9月に入ってきたばかりの子供たちを、さっそく10月の舞台に立たせるのは、どうかしら、大丈夫かしら・・・と心配していましたが、「でたい!」と、声をそろえて言ってくれたので、全員出演となりました。 演目は、もう何度もしている「人形の踊り」ですが、新しい子供たちが加わってくれたことにより、少し演出を変え、踊りも演技も増やしました。

がんばったかいもあり、最後のポーズとともに、ブラボー♪ブラボー♪と会場は沸きました。
子供たちがプテイ・バレリーナになった瞬間でした。
ありがたいことに、Kidscompany賞をいただきました! みんなどうもありがとう!Dsc_6000

Dsc_5984_3

| | コメント (2)

みんなで作る発表会

またまた発表会の話題になってしまいますが、先日行った発表会では、子供たちに発表会自体を楽しんでもらおうと、曲作りから子供たちに参加してもらいました。 テキストは私が書きましたが、11歳のニコルに読んでもらいました。

↓これがそうです。
イントロ曲♪とニコルによるテキストの朗読♪

子供による子供のための作品に仕上がりました。 

ちなみに、ブラジル人とドイツ人のハーフのニコルですが、つづりでいうと、Nicolと書きます。 ドイツ人には、
「最後に ”e”はいらないの?? Nicoleじゃないの?」と聞かれます。
Nicolと書くと男の子の名前になってしまうんですよね。
でもでも、正真正銘、女の子なんですよ。

| | コメント (2)

うちのプティ・バレリーナちゃん

大人も子供も、舞台の前って、いつもと違った素敵な顔をしますね。 

22juni2007_ufa_studiovorstellung_081_pro
舞台前のプロベ。  なんだか、ドキドキ。 ちょっとウキウキ♪

22juni2007_ufa_studiovorstellung_alle

人の話も、今日なら静かに聴ける。

| | コメント (2)

パリの小さなバレリーナ

パリの小さなバレリーナ♪ イリアちゃん

こんなにかわいい映像を見つけました♪ 

音楽も素敵です。

是非是非のぞいてみてください。 ほんわり、暖かい気持ちになっちゃいます。

| | コメント (4)

大はしゃぎ

発表会の準備が着々と進んでいます。 定期的に行っている親御さんのためのレッスン見学日ですが、いつもは教室でレッスン風景を見せるだけだったのですが、今回は、場所は同じく教室ですが、「発表会」という形にし、衣装もつけ、子供たちの「ダンス」を見てもらうことにしました。 子供たちの張り切りようを見ると、私までうれしくなってしまいます。

一つの踊りごとにテーマを決め、短いテキストを用意しました。 子供たちにそれを読んでもらい、録音し、音楽を編集し、出来上がった発表会用のCD。 

困難を極めていた子供のバレエクラスですが、この発表会を通して、お互い少し近づけた気がします。 
Tutu  

| | コメント (5)

どしゃ降りのオープンエアー

アシスタントとしてのお仕事、第二弾。
野外でのお祭りの中でのイベントとして、子供たちのダンスがあったのですが、今回は以前より少し減って20人の子供たちの参加となりました。
ところが、大雨、大雨、大変でした。 舞台には急きょ屋根を作り、イベントは中止になることはありませんでしたが、観客は傘をさしながら見る・・というような悲惨な状況になってしまいました。

ところで、アシスタントというのは、楽しいお仕事です。 サブである私は、子供たちにとっては、たとえて言うなら、「いつも怒っているお母さん」ではなく、「何でも買ってくれて優しいおばあちゃん」的立場で、無条件に好かれるわけです。 私のほうも、子供を「かわいい♪かわいい♪」と思っていられるんです。 自分の生徒だと、お互いそうはいかないんですよね(笑) でもそこには、何にも変えがたい、違うかわいさがあるんですけどね。

1205_claudia_1  

どんな仕事でも、それが世の中に必要なればこそ成り立つので、世の人々が求めているのでなければ、その仕事は成り立つものではない。

松下幸之助さんの言葉です。
子供たちは私に何を求めて私のもとにきてくれているのか、そこにもしかしたらすれ違いがあるのかもしれないなあと思います。
人が「何かを習う」ということに求めているもの・・・
それは、「楽しみ」であったり、「知識を深めること」であったり、「人とのふれあい」であったり、その時々によって違いますよね。 それを見極める力が私には必要なのかもしれないですね。


| | コメント (1)

発表会と40人の子供たち

ひょんなことから、あるバレエ学校の振り付け&舞台アシスタントとして働く機会をいただきました。 私のクラスとは打って変わって、60人のちびっ子を抱える学校です。 来週の日曜日の発表会に出るのがそのうちの40人。 それでも大変な数です。

日本のバレエの発表会といえば、出演者側は出演料、衣装代、特別レッスン代、お礼、チケット代・・・等、それはそれは相当な出費になるのですが、こちらではそれらは経費として、学校側が負担します。 

衣装も40人分新調し、大きな劇場も借りています。 生徒から全くお金をいただいていないのですから、相当な出費と思われますが、きっとスポンサーがついているのでしょうね。

思う存分よいレッスンを受けられるちびっ子ちゃんたち、とっても恵まれた環境ですね。 きっと日本でレッスンをがんばっているバレエっ子ちゃんは、とっても羨ましいのではないでしょうか。 私も羨ましいです。

バレエ教室の先生はチリ人で、私と同じ、ここドイツでは外人先生です。

それでも、彼女は私と違って、60人ものドイツ人のちびっ子をうまくまとめ、すばらしいの一言です。 

外人である私も、もっとできるはずですよね。 

人気ブログランキング♪

| | コメント (0)

一年が経ちました☆

今日は、子供たちのイースター休み明けの最初のレッスン日でした。

3週間ぶりに会った子供たちは、今日も元気でした。 

私がここで教え始めたのが去年のイースターあけ。 ということはもう一年が経とうとしているのですね。 

最初のころからは、子供たちの顔ぶれも変わっていますが、ずっと来てくれている子達も何人かいます。 今まで来た子達の中で、特におてんばで、手を焼く子達なのですが、一年間ほとんど休んだことがなく、他の子達がやめていく中、今も私の所に来てくれています。 

いつも思うのですが、子供たちが言うことをきかないのには、それなりの訳があるはずで、それはどうにか工夫をすればよくなるはずなんですよね。 「態度が悪い」のと「悪い子」というのは違うと思います。 クラスに悪い子なんてひとりもいません。 ただ、私の要求と子供たちの要求との間に、なにかすれ違いがあって、それを態度の悪さで表しているのだと、私は思っています。 

レッスン中ふざけまくっているので、なかなかうまくならないのですが、それでも、今の彼女たちは、一年前よりいろんなことができるようになりました。 

そんな自分たちの成長に気がついて、バレエをもっと上手になりたいなあと思ってくれるようになればなあと思います☆

Ufa_ballett_kinder

Ufa_ballett_3 

人気ブログランキング♪

| | コメント (0)

ぞうさんくものす♪

友人のバレエの園児クラス用に、振り付けを頼まれました。 

もらったCDの「Der Elefant im Spinnennetz」「01_der_elefant_im_spinnennetz.wma」をダウンロード という題名を見て、「あ!これ日本にもあるよ!世界共通なんだね!」と、思わず叫んでしまいました。

「ぞうさんくものす」という曲をご存知ですか? 子供の遊びの曲で、輪になって、

ひとりのぞうさんくものすに~♪ かかってあそんでおりました~♪ →聞けば思い出しますよ、きっと!

と歌いながら、ひとりずつ象さんになっていきます。 あまりにたのしいので、もうひとり誘いましょう♪といい、どんどん象さんが増えていき、最後にはみんなが象さんになって踊ります。

ドイツ語版があるんだ!と感激したわけです。

が、内容も遊び方もほとんど同じですが、メロディが違いました。

メロディだけが違うというのも、なんだか不思議な感じがしますね。

Elefant

| | コメント (3)

子供の想い

最近ずいぶん暖かいにもかかわらず、風邪が大流行です。

というわけで、他のクラスのバレエの先生が風邪のため、今日は私がそのクラスを受け持ちました。

結果は惨敗。 自分が情けなくなるほど、クラスの収拾がつかない状態でした。 

初めて来た外人先生に、最初はおっかなびっくりダンマリを決め込み、様子がわかってくると、すき放題散らばってしまいました。

普段私のクラスの子供たちが、どれだけ私を大きく受け止めてくれているかが、身にしみてわかりました。 私のクラスの生徒も、負けず劣らず口も態度もよろしくはないのですが、それに対して困っているのは私のほうだと思っていたのです。 でも、外人先生を担任に持ち苦労しているのは子供たちのほうなんだと思い知らされました。 私の未熟なレッスンに付き合ってくれているのです。 知識の押し付けのような授業にならないよう、努力しなければいけないのは私のほうですね。

ドイツの子供たちをテーマにしたレポートがあります。 ぜひ、読んでみてください。

これがドイツの子供だ!というのではなく、こういうことも起こりうるんですよ、というレポートだと思っていただければうれしいです。

アメーバニュース

人気ブログランキングです。クリックしてください♪

 

| | コメント (3)